楽天カード【2020年6月】お得な新規入会キャンペーンとおすすめポイントサイトは?

大学入学や新生活に合わせて、あるいは就職、転職に合わせてクレジットカードを持とうかと考えている方も多くいるかと思います。

クレジットカードの中でも「楽天カード」は審査に通りやすく、基本年会費無料、発行までの時間が早いなど、初めてクレジットカードに入会する方にとっては特に魅力的なカードです。

この記事では、新規にクレジットカードを作りたいと思っている方向けに、オススメの入会方法や、一番お得に入れるポイントサイト選び、ポイント多重取りのコツ、賢いポイントの貯め方や使い方についてご紹介します。

実際に楽天カードを持ち、3年以上使っている筆者が項目ごとに丁寧に解説しますので、これから新しく楽天カードの発行を検討している方の参考になればと思います。ぜひご覧ください。

楽天カード入会を更にお得にするポイントサイト厳選!

現在、楽天カード入会を更にお得にするポイントサイトがいくつかあります。

ポイントサイトとは、ポイントを貯めることでお小遣いが稼げるサイト全般のことを指します。

提携先のショップでお買い物をしたり簡単なアンケートに答えたりすることでポイントが蓄積され、現金やギフト券、楽天スーパーポイントに交換することができます。

いくつかあるポイントサイトの中から、どのポイントサイトを経由すれば一番お得なのか悩んでしまいますよね。当サイトでは、一番お得に入会できる方法を厳選しました!

楽天カードの入会にお得なポイントサイトは数十件とありますが、その中でも特に付与ポイントが多くオススメのものは以下の5サイトです。

ポイントサイトポイント数 円換算  
モッピー
ハピタス
ポイントタウン
ポイントインカム
ちょびリッチ

現在、楽天カードのポイントサイト経由はありません(2020年6月現在)

ポイントサイト経由が始まれば、楽天カードに新規入会するには以下のバナーより登録するのが一番お得です↓

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

ポイントサイトを利用する時は、サイトによって、ポイントから円への換金率が違うことに注意してください。

例えば、「入会するだけで30000ポイント」と書いてあるサイトがあったとしても、換金できる金額は一桁少ない3000円だった…という可能性もあるので、しっかり利用するサイトの換金レートは確認するようにしましょう。

楽天カード新規申し込みで最大7000ポイントもらえる!

2020年6月現在、楽天カード新規入会で、5,000ポイントのみとなっています。

ポイントサイトを経由したら、

楽天カードは入会するだけでポイントが貰えることも魅力の1つですよね。

常時入会キャンペーンが開催されており、時期によって5000~8000ポイントほど貰うことができます。

ポイントを受け取るにはいくつか条件を満たす必要がありますが、

その条件も「カード利用期限までに1円以上、1回以上対象カードを利用する」

「設定された期限内に口座振替設定を完了する」と難しくありません。

また、入会特典を5000~8000ポイントと幅を持たせたことには以下の理由があります。

通常、楽天カード新規入会で貰うことができるのは5000ポイントですが、年に数回、7000ポイント貰えたり、多いと8000ポイントも貰えたりするお得なキャンペーン期間を設けています。

開催期間はある程度法則性があるものの、基本的に不定期です。直近ですと、2020年2月に行われたばかりです。ここ近年の開催状況を調べてみると大体3ヶ月に1回のペースで開催されていることがわかります。

また、8000ポイントにこだわらないのであれば、1~2ヶ月の高頻度で開催される7000ポイントを狙うこともおすすめです。

どちらにせよ、通常5000ポイントよりも2000円分以上お得になるので、入会する時はキャンペーン状況をよく確認してみてくださいね。

ポイント還元率も要チェック

次に楽天カードのポイント還元率についてご紹介します。

利用する場面によって細かく還元率が変わるので、主な3つの使い方について解説します。

〇街でのお買い物

楽天カードのポイント還元率は1.0%で、100円毎に1ポイントですが、ポイント換算がユニークで他社カードに比べて無駄が少ないところが特徴です。

通常、ポイント換算は1会計毎であったり、総額ごとの計算を謳っていても実際は2000円毎にポイント付与だったりすることもあり、ポイント還元の無駄の多さが気になるところでした。

楽天カードの場合だと、1会計毎ではなく、毎月の利用総額100円(税込)ごとに1ポイント還元という形をとっており、そこが楽天カードの良さといえます。

実際に私も、コンビニエンスストア等で小さな買い物をするときは「なんだかんだであんまりポイントつかないからな~」とクレジットカード支払を渋っていましたが、楽天カードのこの特性を知ってからは積極的に楽天カードで支払っています。

〇楽天市場でのお買い物

楽天市場でのお買い物は通常3%還元されます。

しかし、楽天市場では頻繁にポイントアップセールをやっているため、実質10%ほどの還元を受けることも可能です。

消費税分のポイントがまるまる返ってくる計算になるので、これはかなりお得だとわかります。

ちょっとした嗜好品だけでなく、日用品も楽天市場で買うようにすれば、お金の節約に一役買うのではないでしょうか。

〇キャッシュレス決済

楽天カードに付帯されている楽天Edyのポイント還元率は0.5%とまずまずの結果ですが、対応クレジットカードからチャージすることでポイント二重取りが可能になります。

更にポイント増量キャンペーンもたびたび開催されるので、そう言う場合はポイント還元率も0.5%から2.0%までアップしてお得感もバッチリです。

楽天ペイの場合は通常0.5%還元ですが、楽天カードと組み合わせることで1.5%還元されるようになるため、そちらも使いやすい仕様となっています。

また、住民税等の税金を楽天カードで支払うこともできますが、手数料がかかります。

支払金額によっては手数料の方が大きくなってしまい、あまりポイント還元のメリットが受けられないという可能性もあるので注意が必要です。

ポイント二重取り、三重取りが簡単にできる方法

発行審査も比較的簡単で、通常時のポイント還元率も高い楽天カードですが、お得なポイントを更に2重、3重取りできる方法があります。

それは楽天市場でのお買い物の際にポイントサイトの「ハピタス」を利用し、決済を楽天カードで行うだけという非常に分かりやすい仕組みになっています。

また、楽天市場では頻繁に、ポイント還元率が底上げされる「楽天スーパーSALE」や「お買い物マラソン」などを開催しています。

SALEやマラソン中は獲得ポイントが10倍アップも珍しくありません。

例えば、先日楽天スーパーDEALの期間中にとある生活必需品を買いました。

買ったアイテムの販売価格は2090円(税込)です。その時付与された楽天ポイントは合計363ポイントでした。

ポイントアップの内訳は下記のとおりです。

楽天カード通常分+1倍   20ポイント  
楽天カード特典分+1倍 20ポイント
楽天市場アプリ+0.5倍 10ポイント
スーパーDEAL+15%313ポイント

そこにポイントサイトのハピタスを経由することで、さらにポイント二重取りができてしまうのは見逃せませんよ!

ハピタス経由で、楽天市場でお買い物をすると、商品購入でさらに1%ポイントバックされます(ハピタス20ポイント)!

ほんのひと工夫をするだけで、楽天ポイント363ポイント+ハピタス20ポイント=383ポイントと、お得に買い物ができるのです。

ハピタス以外のオススメのポイントサイトは?

ハピタス以外にも楽天市場でのカード利用をお得にできるおすすめポイントサイトを2つ紹介します。

1つ目は「ちょびリッチ」

楽天市場案件の還元率はハピタスと同じ1%ですが、目を見張るべきなのは「ステータスボーナス」なるものがあり、規定のステータス下では15%もの還元率を誇るところです。

15%の恩恵を受けるにはちょびリッチ内でプラチナ会員になる必要がありますが、その条件も少し頑張れば手の届く範囲です。

プラチナ会員になるための条件は、過去半年間の広告利用回数が12回以上、または過去半年間の獲得ポイント数が30000ポイント以上です。

前者は月に3回お買い物すれば4ヶ月で達成することができます。楽天市場で頻繁にお買い物する方にとっては心強い味方となりそうです。

さらに!!

今、ちょびリッチを登録すると、500ちょびポイント(250円相当)もらえちゃいます! これからポイ活を考えている方はこちらからどうぞ↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの紹介特典、獲得条件、付与時期はこちら

2つ目は「ポイントタウン」

ちょびリッチと全く同じ還元率で、通常1%、ステータスボーナス最大で15%の恩恵が受けられます。

ポイントタウンの会員ランクアップ条件は、過去半年間に広告利用回数が12回達成、または過去半年間で3000ポイント獲得です。

会員ランクアップ条件、還元率共に、どちらも殆ど差はありません。自身がより使いやすいと感じる方をオススメします。

↓初心者、これからポイ活を始める方にオススメ「ポイントタウン」はこちら

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

貯まったポイントは様々な用途に使える!

楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントとの2種類がありますが、どちらも楽天市場でのショッピングに使うことができます。

楽天市場以外では、マクドナルドやくら寿司のような楽天ポイントカード加盟店で現金の代わりに使うこともできますし、キャッシュレス決済の1つである楽天ペイの残高としても活用できます。

また、貯まったポイントは楽天Edyとして使うことができるので、電子マネーとしてコンビニエンスストアやレンタルショップ等で使うことが出来るので助かります。

私はほぼ毎日コンビニエンスストアでお買い物をするので貯まったポイントは楽天Edyにチャージして使っています。

毎日コンビニエンスストアに行くとなると、なかなか出費がかさむので、こうやって少しでも支払の助けになってくれるのはありがたいですね!

貯まった楽天スーパーポイントは現金の代わりに使う以外にも、ANAマイルに交換することもできます。通常ポイントに限りますが、楽天スーパーポイント2ptにつきANAマイル1マイルとなります。

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードについて

楽天カードには年会費無料のものの他に、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードがあります。

楽天ゴールドカードは年会費が税込2200円かかりますが、楽天市場のポイント還元率が通常3%から5%へとアップしたり、年会費550円のETCカードが無料で利用できたり、年に2回まで空港ラウンジを無料で利用できたりと通常カードより豪華になっています。

楽天プレミアムカードの場合は年会費が11000円かかりますが、ゴールドカードと同じく楽天市場でのポイント還元率が常に5%で、世界500都市にある空港ラウンジが常に無料で利用できるプライオリティ・パス、最大で5000万円まで補償される海外旅行保険も付帯されるところが魅力です。

それぞれ年会費がかかりますが、ゴールドカードは楽天カードを頻繁に使う人に、プレミアムカードは海外出張や海外旅行が多い方にもオススメできます。

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの入会キャンペーンは随時開催されており、ゴールドカードでは新規入会&1回利用で5000ポイントが、プレミアムカードも同条件で10000ポイント貰うことが出来ます。

【まとめ】楽天カードを申し込みするなら、本サイトのポイントサイト経由がオススメ!

楽天カードの特徴について多方面からまとめました。

現在、最もお得に入会できるポイントサイトはありません。

登録がまだこれからの方はこちらからどうぞ↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

楽天カードは年会費無料でありながら保障や特典が手厚く、所有するにあたって致命的なデメリットもあまり無いカードなので初めてのクレジットカードとして選ぶのには最適な1枚です。

付帯されている楽天Edyや、楽天モバイル、楽天ペイなどとの相性が良いこと、町中でも提携店舗が多くポイントが貯まりやすいことなど分かりやすいメリットは勿論ですが、その利用者数の多さから、何か困った時にインターネット上や友人・知人からアドバイスを貰いやすいところも魅力的です。

通常入会でもお得な楽天カードですが、「モッピー」以外にも「ちょびリッチ」、「ポイントタウン」などを経由して入会することで、更に多くのポイントを得ることができるのでお忘れなくご活用くださいね。

楽天カードの入会特典最大7000ポイントと、モッピー経由で受け取ることができる8000円を合わせると最大15000円ものボーナスになります。

通常15000円分のポイントをゲットしようと思うと、1%の還元率だとして150万円分ものお買い物が必要なんですよね。こう考えると、楽天カードが如何に太っ腹なのかわかります。

カードを作る時も、作った後もお得がいっぱいな楽天カード。利用者から届く批判的な本音も当然ありますが、内容は「広告メールが多い」「コールセンターの対応があまり良くない」「リボ払い設定が不安」といったものが多いです。

広告メールは楽天e-NAVIというアカウント管理サービスから配信を停止することができます。

リボ払いに関しては、必ずカードが手元に届いたときに1度確認し、それからは定期的に設定が変わっていないか確認すると安心です。

また、楽天からのメールで「リボ払いに切り替えるとポイントが更にもらえます!」という内容のものが来ることも確かにあります。

「ポイント増えるの? お得だよね!」と安易に便乗するのではなく、家族に聞いたり、インターネットや書籍で調べたりして1度踏みとどまりましょう。

初めてクレジットカードを作成する方は、人一倍賢く丁寧に使いましょう!

さて、皆さんはポイントが貯まったらどのように使いたいですか?

この記事が、あなたの楽天カードの検討に役に立つことができれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。