1マイルの価値は何円?ANAマイルの還元率を徹底検証!マイルのお得な貯め方、使い道特集

マイルを他のポイントと同じように考えていませんか?

1マイルの価値は1円ではありません。

マイルを賢く貯めれば毎年海外旅行に行くのも夢ではありません。

マイルは特典航空券への交換や国際線の座席のアップグレードのほか、ツアーや航空券の購入に充当するなど、旅行で使えるのはもちろんのこと、提携先のポイントに交換することもできるので、貯めるとお得なことがたくさんあります。

この記事では、「1マイルの価値はいくらになるのか?」「ANAマイルの還元率」を徹底検証しながら、マイルのお得な貯め方、使い方を紹介していきます!

そもそもマイルって何?

マイルの価値について解説する前に、そもそもマイルとは何かについて説明しましょう。

マイルとは、航空会社のポイントプログラムである「マイレージプログラム」で貯まるポイントのことです。

普通のクレジットカードでも、お買い物をすることでポイントが貯まり、数百ポイント貯めると家電製品や食品などの特典と交換できることがありますよね?

マイレージプログラムでは、主に飛行機に乗ることでマイルが貯まり、マイルが一定数貯まると特典として航空券と交換できます。

ここまでの説明で、「めったに飛行機には乗らないからマイレージプログラムに参加しても航空券と交換できるほどのマイルは貯められない」と思った方もいるでしょう。

しかし、たまにしか飛行機に乗らない人でもマイルは貯めるべきです!

なぜなら、マイルは航空券購入だけでなく、普段のお買い物でも貯めることができるから。

そして、マイルの特典は航空券だけでなく、座席のアップグレードにも使えるからです。

せっかくの旅行、ビジネスクラスやファーストクラスに乗って優雅に旅したいですよね?

高い航空券を買うのは難しくても、普段のお買い物で賢くマイルを貯めることで、無料で座席をアップグレードできる可能性があるんです。

マイルの種類

一口にマイルと言っても、航空会社によって貯まるマイルは違います。

日本の航空会社と言えば全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)ですよね?

海外にも航空会社はたくさんあるので、ANAマイルとJALマイルだけでなく、外資系航空会社のマイルも存在します。

いつも使う航空会社が決まっていたり、乗りたい航空会社があったりする場合はその航空会社のマイルを貯めるのが良いと思いますが、特に航空会社にこだわりがないのであればANAマイルをお勧めします。

なぜなら、普段のお買い物で貯められるマイル還元率を高める方法があるからです。

マイレージプログラムに参加した航空会社でしかマイルを貯められない?

マイルには種類があるのでANAマイルとJALマイルは違うということを説明しましたが、カナダに行くときにはエアカナダ、タイに行くときにはタイ航空を使うという風に、行き先によって使う航空会社は変わるのが普通ですよね?

これでは、せっかく飛行機に乗っても、使う航空会社が分散しているのでマイルを貯めにくくなってしまいます。

しかし、マイレージプログラムには提携航空会社でもマイルを貯められることになっています。

ANA以外の航空会社を利用しても、ANAマイルを貯めることができるのです。

【ANAが加盟している航空連合】

ANAはスターアライアンスという航空連合に加盟しています。

主な提携航空会社は38社。

  • ユナイテッド航空
  • エアカナダ
  • シンガポール航空
  • タイ航空
  • アシアナ航空
  • エバー航空
  • エアチャイナ
  • ルフトハンザ
  • オーストリア航空
  • ニュージランド航空 他 合計38社

【JALが加盟している航空連合】

JALはワンワールドという航空連合に加盟しています。

主な提携航空会社は20社。

  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • エールフランス
  • フィンエアー
  • カンタス航空
  • ジェットスター・ジャパン
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック
  • カタール航空
  • エミレーツ航空 他 合計20社

よくタイに行く人はタイ航空と提携しているANAマイレージプログラムに、フランスに行く人はエールフランスと提携しているJALマイレージプログラムに参加することで効率的にマイルを貯めることができます。

飛行機にほとんど乗らない人でも、普段のお買い物で効率的にANAマイルを貯める方法があるので後で紹介します。

ANAマイルの価値はいくら?

次に、ANAマイルは本当に貯める価値のあるマイルなのか、1マイルの価値はいくらなのかを、国内線と国際線で検証します。

特典航空券の特徴

座席のクラスや行き先はマイル数によって変更できますが、気になるのはキャンセルや予約変更など航空券の条件。

通常の航空券でも、予約変更が可能かどうかで値段が大きく変わりますよね。

マイルでゲットできる特典航空券は、かなり柔軟に予定変更に対応してくれます。

  • 搭乗日の変更は前日まで可能
    座席さえ空いていれば、最初に予約したものとは違う飛行機に乗ることも可能です。
  • 東京か大阪なら発着空港の変更が可能
    成田発から羽田発に変更することができます。
  • 払い戻し手数料を払えばキャンセル可能
    1人3000マイルの払い戻し手数料で未使用特典の払い戻しが可能。
    期限は最初に予約した便の出発前まで。

ANAマイルの価値を国内線で検証

国内線の特典航空券を得るために必要なマイル数は、シーズンと行き先によって異なります。

座席のクラスは全て普通席です。

順番に解説しますが、今回検証する旅行日程はこちらです。

旅行期間:2021年1/1~1/4

旅行区間:東京⇔秋田

まずはシーズンについて。

航空券価格が高騰するハイシーズンは必要マイル数が多く、旅行者が少ないローシーズンは必要マイル数が少なく設定されています。

新型コロナウイルスの影響で2020年中の旅行は不確定要素が多いので、2021年のお正月シーズンで検証してみましょう。

以下の表は区間別の片道マイル数を示しています。

国内線の中でも、必要マイル数は移動距離によって異なります。

今回は一番近い距離である0~300マイル区間で検証してみましょう。

0~300マイル区間で移動可能なのは以下の地点です。

因みに、人気の高そうな東京⇔沖縄区間は801~1,000マイル区間、東京⇔札幌は301~800マイル区間に属しています。

今回は0~300マイル区間で検証するので必要マイル数は片道7,500マイル。

東京から秋田に旅行することにしましょう。

マイルを使った場合の結果まとめ

旅行期間:2021年1/1~1/4

シーズン区分:ハイシーズン(H)

旅行区間:東京⇔秋田

区間区分:0~300マイル

往復航空券に必要なマイル数:15,000マイル

次に、マイルを使わずに同じ条件で旅行した場合を検証します。

2021年1月1日に東京から秋田に行くANA便の航空券がこちらです。

航空券の種類がたくさんありますが、一般的な航空券はフレックス、バリュー、スーパーバリューの3種類です。

この3種類の違いがこちら。

マイルで購入できる特典航空券の場合、予約変更は可能ですが取消手数料は出発前でも1人3000マイルかかります。

フレックスとバリューのどちらで比較すべきか難しいところですが、柔軟な予約変更が可能な特典航空券で、払い戻し手数料を支払ってキャンセルすることはめったにないと思うので、マイルを使わない航空券でも予約変更が可能なフレックス航空券と比較しましょう。

特典航空券ならどの時間帯の便を選んでも必要マイル数が同じという点を加味しても、フレックス航空券と比較する妥当性がありそうです。

旅行先での滞在時間が一番長くなるように往復の便を予約すると、54,280円になります。

フレックス航空券でも特典航空券でも、発着時間によって値段は変わりません。

特典航空券は15,000マイルだったので、

15,000マイル=54,280円

1マイル=3.62円

という計算になります。

ANAマイルの価値を国際線で検証

同様の検証を国際線でもやってみましょう。

国際線の特典航空券の必要マイル数は、行き先、シーズン、座席クラスによって異なります。

今回想定する旅行日程はこちら

旅行期間:2021年1/1~1/4

旅行区間:東京⇔ニューヨーク

行き先の区分は以下のようになっています。

シーズンの区分もゾーンによって異なりますが、今回は日本からアメリカに旅行する場合で検証します。

お正月なのでゾーンに関係なくハイシーズンですね。

この条件で必要マイル数を計算します。

画像は往復航空券の必要マイル数を示しています。

マイルを使った場合の結果まとめ

旅行期間:2021年1/1~1/4

シーズン区分:ハイシーズン(H)

旅行区間:東京⇔ニューヨーク

区間区分:Zone1⇔Zone6

往復航空券に必要なマイル数:55,000マイル

それでは、マイルを使わずに航空券を購入した場合の値段を調べます。

国内線でも国際線でも特典航空券は予約変更が可能なので、今回も予約変更不可のValue航空券ではなく、手数料はかかるが予約変更可能なBasic航空券で比較します。

おおよその時間で往路も選択しました。

合計金額は258,200円。

55,000マイル=258,200円

1マイル=4.69円

という計算になります。

国際線でビジネスクラスに乗った場合

国内線ならともかく、飛行時間が10時間を超えるアメリカ行きの飛行機でエコノミークラスに座っているのはつらいですよね。

前回の検証と同じ条件で、ビジネスクラスの航空券を購入する場合も考えてみましょう。

お正月にビジネスクラスで日本⇔アメリカ往復航空券を購入する場合の必要マイル数は90,000マイルです。

同じ条件でマイルを使わずに購入すると、595,700円になります。

90,000マイル=595,700円

1マイル=6.62円

という計算になります。

国際線でファーストクラスに乗った場合

最後に、普通に生活していてはめったに乗る機会がないであろうファーストクラスについて検証します。

ファーストクラスの特典航空券に必要なマイル数は165,000マイル。

マイルを使わずに東京⇔ニューヨーク間のファーストクラス航空券を購入すると1,211,700円になります。

165,000マイル=1,211,700円

1マイル=7.34円

国内線、国際線、ビジネスクラスの国際線で1マイルの価値を検証しましたが、1マイルは3~8円程度でした。

料金が高くなるほど1マイルの価値も高くなるので、より航空券料金の高いヨーロッパにファーストクラスで行くのが一番お得なマイルの使い方だと言えるでしょう。

時期と区間によっては1マイルが10円以上になることもあります。

少なくとも、1マイルの価値は1円ではありません。

ANAマイルの貯め方、マイルが貯まるクレジットカードの選び方

さて、1マイルの価値が1円ではないことが分かったところで、どのようにマイルを貯めるのが最も効率が良いのかを解説していきます。

一番マイルが貯まるお買い物は航空券です。

長い距離を、高い航空券で移動するほどマイルが貯まります。

東京都⇔ニューヨーク間をエコノミークラスで往復するだけで約9,400マイル貯まります。

これだけで秋田までの特典航空券片道分と交換できてしまいますね。

とはいえ、飛行機に乗る機会が少ないという方も多いと思うので、クレジットカードによる普段のお買い物でマイルを貯める方法をお伝えしましょう。

マイルが貯まるクレジットカードはたくさんありますが、お買い物でマイルを貯める上で注意すべき点は以下の3点です。

  • 還元率
    マイル還元率はクレジットカードによってことなります。
  • 有効期限
    1マイルの価値は1円以上ですが、最低でも5000マイル貯めないとどんな特典航空券とも交換できません。
    ANAマイルは通常3年で失効してしまうので、無理なお買い物をしなくても有効期限以内に必要マイルが貯まるようなクレジットカードを探す必要があります。
  • ANAマイルへの移行手数料
    ANAマイルの特徴として、クレジットカード利用額に応じたポイントを獲得してから、ポイントをマイルに移行する必要があることが挙げられます。
    クレジットカードによってはポイントからマイルへの移行に手数料がかかる場合があるので要注意です。

これら3点の注意点を全てクリアするのがANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードです。

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカード

還元率について

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードのポイント還元率は1%。

100円のお買い物で1ポイント獲得することができます。

貯まったポイントは好きな時に1000ポイント単位で、1000ポイント=1000マイルで交換することができます。

さらに、ANAグループでのお買い物でこのカードを使えばポイント2倍

カード継続時にはボーナスマイルとして毎年2000マイルが付与されます。

有効期限について

ANAマイルの有効期限は3年ですが、マイルに交換せず、ポイントのまま保持しておけば実質的にはマイルの有効期限を延長させることができますよね?

例えば、ANA VISA Suicaカードだとポイント有効期限は2年なので、ポイント獲得から2年後にマイルと交換すれば、有効期限は合計5年になります。

しかし、前述の通りお正月の東京⇔ニューヨーク間エコノミー航空券の必要マイル数は55,000マイル。

還元率1%で、有効期限に注意しながらポイントをマイルに交換したとしても、55,000マイルも貯めるには1つのクレジットカードで年間110万円のお買い物をする必要があります。

そもそも、ポイントの有効期限ぎりぎりまでマイルに交換するのを待っていてポイントが失効してしまったら元も子もありません。

その点、ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードならポイントの有効期限が無期限

旅行に行きたい日程と場所を決めて、目標マイル数分のポイントが貯めてからポイントをマイルに交換することができます。

ANAマイルへの移行手数料について

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードなら、ポイントからマイルへの移行手数料が無料です。

好きなタイミングで何度でも交換することができます。

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードには年会費31,000円がかかってしまいますが、追加料金を支払わなくても有効期限無期限、マイルへの移行手数料無料という特典を得られるなら元はとれると考えられます。

一般カードの場合は、年会費を払った上で移行手数料6,000円、移行上限40,000マイルという制限があります。

マイル以外にも、海外旅行に行った時の保険やトラブルサポートなども充実しているので、持っていて損のない1枚でしょう。

http://mile-s-life.com/2020/05/31/anaamexgold/

ポイントのマイル交換は商品交換よりもお得?比較検証してみました

さて、ここまでANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」で獲得したポイントは、マイルに変換する前提で解説してきましたが、ポイントの使い道はマイルだけではありません。

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードのポイントは、カタログサイトから選べるアイテムへの交換、百貨店などの商品券への交換、アマゾンギフト券などのEクーポンへの交換、オリジナルイベントへの参加券との交換にも使うことができます。

具体的に、どんなアイテムと交換できるのか見てみましょう。

LAMYルクスのボールペンが16,000ポイント。

Amazonでは4,560円でした。

つまり1ポイント=0.285円。

とらやの水ようかん24個入が26,000ポイント。

SEIBU SOGOのオンラインショッピングでは7,500円。

この場合1ポイント=0.288円。

ハズキルーペ(コンパクトクリアレンズ1.6倍)が32,000ポイント。

公式HPでは10,167円でした。

1ポイント=0.318円。

マイル交換した場合は1ポイント1マイルで、1マイルには1円以上の価値があるので、絶対的にマイル交換の方がお得ということになりますね。

念のためEクーポンについても紹介しておくと、1000円分のAmazonギフト券が3000ポイントです。つまり1ポイント=0.33円。こちらも1ポイントが1円以下になってしまいます。

メンバーシップ・リワードには様々なポイント交換先が用意されており、中にはアメックスオリジナルの商品で値段のつけられないものもあります。

しかし、基本的にはマイル交換の方がお得だということを覚えておいてください。

マイルより便利?ANAスカイコインについて

ANA関連のお得なポイントには、ANAマイルの他にANA スカイコインがあります。

ANAスカイコインというのはANAの国内線航空券、国際線航空券、国内旅行商品、海外旅行商品を購入できるもので、1コインに1円の価値があります。

マイルを貯めれば特典航空券がもらえるのに、なぜスカイコインを貯める必要があるの?という疑問が湧くと思いますが、実は、特典航空券は予約が取れないことがあるのです。

スカイコインなら、通常の予約サイトから航空券を購入して、支払方法でスカイコインを選ぶだけなので、空席がある限り予約が可能です。

人気路線や大型連休時で旅行に行きたくて特典航空券の予約がとれない可能性がある、という場合はスカイコインの利用もお勧めです。

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードのポイントをスカイコインに交換する場合は、1ポイントを1コインに交換できます。

また、マイルをスカイコインに交換することも可能。

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードを持っている場合は最大1.6倍で交換することができます。

5万マイルが80,000コインです。

1人で旅行に行く場合や、あまり人気のない路線を利用する場合は比較的予約がとりやすいのですが、大型連休に4人で旅行に行く、となると特典航空券をとるのは至難の業です。

ANAマイルは特典航空券と交換するのが一番お得なのですが、特典航空券の予約がとれなかった場合は仕方がありません。

マイルをスカイコインに交換して航空券を購入しましょう。

また、不人気な国内線に登場する場合、1マイルの価値が2,3円程度にしかならない可能性があります。

特典航空券でなくても十分安かった場合は、あえてマイルをスカイコインに交換して、1コイン=1円として支払った方がお得になる可能性もあります。

特典航空券の値段は調べてから予約するようにしましょう。

マイルの価値まとめ

マイルなら還元率3~8%、時期と区間によっては1マイル10円以上!

今回はマイルの価値とマイルの貯め方、使い方について説明してきましたが、いかがでしたか。

1マイルの価値は1円ではありません。

ANA国内線、国際線の検証結果としては、マイルは高い特典航空券と交換するほどお得になり、3円~8円程度の価値があります。

時期と区間によっては1マイルが10円以上になることもあります。

ポイント還元率1%、1ポイント=1マイルで無料・無期限・無制限に交換できるANA・アメリカン・エクスプレス・ゴールドカードなら、還元率3~8%になるということです。

たとえ希望の日程で特定航空券の予約がとれなかったとしても、ANA・アメリカン・エクスプレス・ゴールドカードを持っていれば高還元率でマイルをスカイコインに変換することが可能。

スカイコインなら空席がある限り航空券を購入することができます。

賢くお買い物して、お得に旅行を楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございます。