ドットマネーからANAマイルへ移行・交換するオススメの方法は?【2020年最新】登録手順・使い方まとめ

ANAマイルを効率的に貯められる方法として、注目されているのが「TOKYUルート」です。

以前まで人気だったソラチカルートが2019年12月に閉鎖して以降、TOKYUルートをメインとするマイラーは格段に増えました。

そして、TOKYUルートにおいて必要不可欠なポイントサイトが「ドットマネー」です。

高還元率でマイルへ交換するために、ドットマネーはぜひ登録しておきたいポイントサイトとなっています。

しかし、初めてポイントサイトに入会する方はこのような疑問をお持ちではありませんか?

「ドットマネーって安全なの?」

「どうやってポイントをANAマイルに交換するの?」

「登録や入会は難しくない?」

今回そのような疑問にお答えするために、こちらの記事では、

・TOKYUルートに必要なポイントサイト「ドットマネー」について

・ドットマネーからANAマイルへお得に交換する方法

・ドットマネーの登録手順や使い方

などをご紹介します。

ドットマネーの疑問について、これからANAマイルを貯めたい方に必見の内容をすみずみまで解説していますので、ぜひご一読ください。

ットマネーの気になる会員数・運営会社・安全性を紹介

そもそもドットマネーとは?

ドットマネーは国内最大級といわれているポイントサイトです。

ショッピングやサービスの利用で貯まったさまざまなポイントを、一括でまとめて管理することができます。

日本はポイント大国とも呼ばれるほど、かなり多くのポイントが存在しています。

たとえば飲食店・ネットショップ・コンビニ・クレジットカード・百貨店など、店舗やサービスによって貯まっていくポイントはさまざまです。

バラバラだったポイントをドットマネーに変換しておくことで把握しやすくなり、煩雑だったポイント管理がとても楽になります。

そして1マネーは1円に換算され、マイル・現金・電子マネー・ギフト券などに交換可能です。

会員数は日本最大級を誇る

ドットマネーを利用している人は多く、会員数は1000万人以上にのぼります。

会員数が多い背景には、ポイント交換の手数料が掛からないことや交換レートの良さが挙げられます。

ドットマネーでは「業界No.1レート」を掲げており、iTunesギフトコードは2%、Amazonギフト券は1%お得に交換できるようになっているのです。

所持しているマネーを損することなく、「ドットマネーを利用した方がお得になる」という理由から多くの会員数を獲得しています。

運営元は大手IT企業「サイバーエージェント」

ドットマネーは「.money by Ameba」とも表記され、株式会社サイバーエージェントによって設立されました。

株式会社サイバーエージェントは国内大手のIT企業で、アメーバブログやAbemaTVを生みだした会社でもあります。

現在は株式会社ドットマネーとして法人化しており、サイバーエージェントという強固な後ろ盾とともにサービスを確固たるものにしています。

セキュリティ面も安全

ドットマネーはSSLを導入しているため、セキュリティ面でも安心です。

SSLとはネットワーク上のデータを暗号化して通信する手段のひとつで、データの盗み見やなりすましを防ぐことができます。

登録のために必要なメールアドレスやパスワードを守り、換金手続きをおこなうページでもSSLが作動しています。

大手IT企業が生みだしたポイントサイトということもあり、安全性にもぬかりはありません。

ットマネーからANAマイルへの交換はTOKYUルートがオススメ!

ポイントをANAマイルへ交換するもっともオススメの方法は、TOKYUルートの利用です。

「交換率は75%」TOKYUルートはもっともお得に交換できる

TOKYUルートを使った場合の交換率は75%で、これは現状で一番お得に交換できるレートとなっています。

ドットマネーからTOKYUポイントを経由し、ANAマイルへ交換します。

【TOKYUルート】

なぜわざわざTOKYUポイントを経由しなければいけないかというと、それはレートが悪くなるからです。

仮に、ドットマネーから直接ANAマイルへ交換すると、レートは約28%になってしまいます。

【直接ANAマイルへ交換した場合】

また、TOKYUではない他のポイントを経由した場合でもレートは下がります。

ポピュラーで利用者の多い「楽天ポイント」と「nanacoポイント」を例に見てみましょう。

【楽天ポイント経由】

【nanacoポイント経由】

いずれも交換率は50%となってしまい、TOKYUポイント経由と比べて損をしてしまいます。

そのため、多くのANAマイラーはもっとも還元率の高いTOKYUルートを利用しているのです。

計3週間程度でANAマイルへの交換が完了

TOKYUルートは使えば最短3週間程度でANAマイルへの交換が完了します。

まず、ドットマネーをTOKYUポイントへ交換するのにかかる日数はおよそ2週間です。

交換日数は、手続きをおこなうタイミングによって変動します。

毎月1日~15日申請分は申請月の下旬頃に交換が完了し、毎月16日~末日申請分は翌月の中旬頃に交換予定です。

TOKYUポイントへの交換が完了後、ANAマイルへの移行手続きをおこないます。

移行完了の目安は約1週間程度です。

ANAマイルの利用を予定している方は、最低でも3週間以上の余裕をもって交換手続きをおこないましょう!

TOKYUルートの利用に必要なクレジットカード

TOKYUルートの利用には「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)」が必須です。

75%というお得な交換率は、ANA TOKYUカードを持っている場合にのみ適用されます。

カードの基本スペックは以下の通りです。

年会費 2,200円(税込み) ※初年度年会費無料
電子マネー iD/Apple Pay/Google Pay/
旅行傷害保険 海外旅行 1,000万円 国内航空 1,000万円 国内旅行 なし
国際ブランド マスターカード
ボーナスマイル 入会時・毎年の継続時に1,000マイル付与

カードの年会費を安くする方法

次年度以降に発生する年会費を、割引する方法がふたつあります。

ひとつは、「マイ・ペイすリボ」に登録し1回以上リボ払い手数料の支払いをおこなうと、826円(税込み)の年会費になります。

少々ネックなのは、実際にリボ払いで買い物をしなければいけない点です。

以前までは「マイ・ペイすリボ」の登録とANA TOKYUカードの利用のみで割引適用されていました。

割引額は大きいですが、リボ払いは考えて使わなければいけません。

続いてもうひとつの方法は、「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用で1,650円(税込み)となります。

年会費が割引されるだけでなく明細書がかさばらないので、こちらは必ず登録しておきたいですね。

お得なカード入会キャンペーンとポイントサイトについて

これからANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)を作成する方は、お得な入会キャンペーンとポイントサイトを要チェックです。

まず入会キャンペーンは、「ANAカード入会特典(ボーナスマイル)」です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの入会ボーナスは、1000マイルとなります対象者は、ANAカードに新規入会された本会員のみです。

一番オトクに入会できるポイントサイトは?

続いて、カード作成の際はポイントサイト「moppy(モッピー)」を通して手続きをおこないましょう。

(2020年5月11日現在)

今モッピーからANA TOKYUカードを作成するだけで、1,200ポイントがもらえます。

モッピーで貯まったポイントはドットマネーに交換できますので、そのままTOKYUルート経由でANAマイルに変えられますよ!

モッピーはネットショッピングなどの提携サービスがかなり豊富なので、日常的に利用できてポイントが貯まりやすいです。

↓まだ未登録の方は、この機会にぜひ登録してみてください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ドットマネーの登録手順、使い方

登録方法を画像とともに順を追って解説

ドットマネーの登録はとっても簡単で、5分もあれば終了します。

私も実際に登録してみたので、手順を画像とともに解説していきます。

まずこちらからドットマネーのトップページへ行き、右部分に表示の「新規登録・ログイン」ボタンをクリックします。(赤枠部分)

新規登録には、Amebaの会員登録またはSNSなどの外部サービス連携を利用します。

グーグルアカウントやSNSアカウントなどを持っているなら、ほとんど入力することなくすぐに登録が完了するのでオススメですよ。

今回は、Amebaの新規登録をするパターンで解説していきます。

会員登録に必要な情報を入力します(赤枠部分)。

パスワードは6~12文字の半角英数字のみとなり、記号は使えません。

私が登録した際、画面には6文字以上としか書かれていなかったので長めのパスワードを入力したところ、はじかれてしまいました。

みなさんもご注意くださいね!

情報を入力後、「登録メールを送信」を押すとAmebaよりメールが届きます。

メールに本登録用のURLが記載されていますので、クリックします。

このURLは24時間を超えてしまうと使用不可になってしまうので、はやめにクリックしてしまいましょう。

クリックすると会員登録完了のページに飛び、手続きは終了です。

ドットマネーのポイントを貯める方法

ドットマネーのポイントをためる方法は大きく分けて2つあります。

すでに持っているポイントをドットマネーにまとめる

まとめることができるのは以下のようポイントです。

・クレジットカード

・口コミ、アンケートサイト

・他のポイントサイト

・証券、FX

・アフィリエイト

・旅行

・クラウドソーシング 他

まだどのポイントも持っていない場合でも、これらのサービスの利用や買い物をすることでポイントが貯まっていきます。

「.moneyモール」の利用で貯める

Amebaが提供している「.moneyモール」でポイントを貯めることも可能です。

「.moneyモール」では、ブログの閲覧・ゲームアプリの利用・ショッピングなどを利用するとポイントが貯まります。

また、アンケートの回答やモニター案件の募集もあるため、毎日コツコツと貯めたい人にもオススメです。

ドットマネーに交換できるポイントサイト一覧

他のポイントサイトで貯まったポイントは、ドットマネーにまとめておくことができます。

ドットマネーに交換できるポイントサイトは全41社です。

提携先 交換率 交換にかかる日数
ポイントタウン 5% 即時
POINTERRACE 100% 即時
COINCOME 100% 即時
TLCポイント 100% 即時
Point Income 10% 2営業日以内
POM(ポム) 10% 1~3営業日
エルネ 11% 1週間以内
moppy 100% 即時
ポケフル 10% 即時
げん玉 10% 3営業日以内
ゲットマネー 10% 4営業日以内
ポイント獲得ナビ 100% 3営業日以内
ちょびリッチ 50% 即時
アメフリ 10% 5営業日以内
ハピタス 100% 3営業日以内
ポイニュー 4.5% 即時
ライフメディア 100% 翌営業日
PONEY 100% 4営業日以内
チャンスイット 10% 4営業日以内
ハニースクリーン 10% 4営業日以内
ワラウ 10% 翌営業日
コレクボ 10% 1~2週間程度
CROWD 10% 3営業日前後
REALWORLD.jp 10% 3営業日前後
CMサイト 50% 7営業日以内
お小遣いJP 10% 7営業日以内
CNポイント 45% 即時
My Greenstamp 60% 月末締め・翌月7日以降
NET CASH 91% 45日程度
バンプク 10% 即時
ベビカムポイント 100% 5営業日以内
コリー 10% 同日
NPポイントクラブ 100% 即時
素材ラボ 10% 即時
Pointier 100% 2営業日以内
懸賞にゃんダフル 10% 1営業日程度
ポイントアイランド 10% 1営業日程度
ポイントスタジアム 10% 1営業日程度
ポイントミュージアム 10% 1営業日程度
ポイントランド 10% 1営業日程度
AMI 90% 即時

ANAマイルを貯めると何が良いのか?1マイルの価値は?

マイルがあれば実質無料で航空券が買える!

ANAマイルの使い道のなかでも特にお得なのが、特典航空券の購入です。

特典航空券は、国内線や国際線の航空券を料金の代わりにマイルで支払うことができます。

手元からお金を出さなくていいので、実質無料で飛行機に乗ることができるとも言えます。

私もANAマイルが貯まったとき、特典航空券で国内線の往復便を利用しました。

普段はLCCに乗ることも多いため、とても得した気分になりましたよ。

「飛行機に乗るなんて数万マイルが必要なのでは?」と思われていますが、国内線は片道5,000マイルから利用可能です。

意外とあっという間に貯まるので、決して届かないマイル数ではありません。

マイルの価値は1マイル=1円以上になる

ANAマイルは使い方によって、1マイル1円以上または10円以上の価値になります。

国際線特典航空券は12,000マイルから利用が可能であり、ローシーズンなら日本・韓国間の往復航空券を購入できます。

1マイル1円換算ですと、ANAの国際線が往復12,000円にはとても収まりません。

シーズンによって必要マイル数や航空券の金額は変動しますが、ほとんどの場合マイルで特典航空券を購入する方がお得です。

このことから、1マイルには1円以上の価値があると言えます。

ットマネーまとめ

今回はドットマネーを利用したANAマイルの移行・交換のオススメ方法についてご紹介しました。

まとめると、

・ANAマイルを貯めるにはTOKYUルートが断然オススメ

・TOKYUルートの交換率75%は現状でもっともお得

・TOKYUルートにはドットマネーとANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必須

・ドットマネーはAmeba会員or SNS連携で簡単に登録可能

・ドットマネーに交換できるポイントサイトは40社以上と豊富

となります。

TOKYUルートを上手に利用して、充実したマイル生活を送りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。