ANAアメックスの新規入会は紹介キャンペーンが最もお得【2020年7月:最大66,500ポイント】豊富な特典とメリット、ANAアメックスカードを徹底比較

マイルが貯まりやすくて人気なANA提携カードの中でも、「ANAアメックス」は特にオススメのステータスカードです。

年会費は7,000(+税)で、アメックスカードとは思えない破格の値段。

さらに、入会キャンペーンを併用することで最大66,500マイルを獲得することが可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(通称ANAアメックス)には、一般カードに位置するANAアメックス、ANAアメックスゴールドカード、ANAアメックスプラチナカードの3つの種類があります。

今回はそんなANAアメックスカードを申し込む際、「どこから入会申し込みするのが一番お得か」、「自分にはどのカードがオススメなのか」、「どんな特典があるのか」をそれぞれ比較しながら、ご紹介していきます。

目次

ANAアメックスに最もお得に新規入会できるキャンペーン比較

これからANAマイルを貯める目的で、一番年会費が割安である、ANAアメックスの申し込みをしようと考えている方には、どの方法よりもお得な「本サイトからの紹介申し込み」をオススメします。

本サイトから営業担当を経由してカードを発行すると、なんとボーナスポイントとして3,000マイル相当のポイントが手に入ります。

公式サイトからの申し込みと、どのように違うのか比較してみましょう。

公式サイトからの申込

公式サイトから申し込むと、カード入会後、3ヶ月以内のカード利用金額に応じて、最大35,000マイル相当がもらえます。

  • 入会ボーナスマイル:1,000マイル加算
  • 入会特典1:入会後3ヶ月以内に、計10万円の利用条件達成で2,000ポイントプレゼント
  • 入会特典2:入会後3ヶ月以内に、計30万円の利用条件達成で、さらに4,000ポイントプレゼント
  • 入会特典3:入会後3ヶ月以内に、計70万円の利用条件達成で、さらに21,000ポイントプレゼント
  • 70万円カード利用した時につく通常ポイント7,000ポイント(100円=1ポイント)
  • 全ての条件を満たせば、合計35,000マイルGET!

本サイトからの紹介(アメックス主催の入会キャンペーン)で+3,000マイル

一方、本サイトからの紹介で申し込みいただくと、さらにボーナスポイントで3,000マイルが獲得できます。

  • 紹介入会特典:3,000ポイントプレゼント
  • 入会ボーナスマイル:1,000マイル加算
  • 入会特典1:入会後3ヶ月以内に、計10万円の利用条件達成で2,000ポイントプレゼント
  • 入会特典2:入会後3ヶ月以内に、計30万円の利用条件達成で、さらに4,000ポイントプレゼント
  • 入会特典3:入会後3ヶ月以内に、計70万円の利用条件達成で、さらに21,000ポイントプレゼント
  • 70万円カード利用した時につく通常ポイント7,000ポイント(100円=1ポイント)
  • 全ての条件を満たせば、合計38,000マイルGET!

通常、38,000マイルを貯めようと思うと380万円分の利用が必要ですから、この時点で年会費7,000円(税別)分の元が取れてしまいます。

紹介ボーナス特典も3,000マイルと見ると分かりづらいかもしれませんが、100円=1マイルで計算すると30万円の利用が必要です。

すごくお得なこの入会特典を利用しない手はありませんよね!

ANA主催の入会キャンペーンも併用可

  • ANA国際線、国内線に搭乗:1,000マイル
  • カード利用特典1: 2020年8月31日(月)23:59 までに 、20万円の利用条件達成で3,000マイルプレゼント
  • カード利用特典2: 2020年8月31日(月)23:59 までに 、50万円の利用条件達成で、さらに10,000マイルプレゼント
  • カード利用特典3: 2020年8月31日(月)23:59 までに 、100万円の利用条件達成で、さらに27,000マイルプレゼント
  • 「ANAカードファミリーマイル」のプライム会員に登録:500マイル
  • 全ての条件を満たせば、合計28,500マイルGET!

このアメックス入会キャンペーンとは別に、 2020年6月30日(火)まで ANA主催の入会キャンペーン「ANAカード 入って!乗って!使おう!キャンペーン2020」が実施中!

まだANAカードを持っていない方に限りますが、「アメックス主催のキャンペーン」+「ANA主催のキャンペーン」も併用することで、最大66,500マイルがGETできちゃいます。

ちなみに、66,500マイルGETできたら、ビジネスクラスでハワイまで行けますよ!

ぜひ1つのキャンペーンも見落とさず、最大限に活用しましょう!

本サイトからの申し込みの場合、営業担当をご紹介

本サイトより申込をご希望される場合、営業担当をご紹介させていただいております。

当サイトからのアメックスの知人紹介について

当サイトはマイルを貯めたい全ての方のお役に立てることを目指しており、誠実且つ健全なサイト運営を心がけております。

営業担当経由でのお申込みにつきましては、私の個人担当をしてくださっている営業担当者をご紹介いたします。

ANAアメックスのキャンペーンポイント獲得で旅行シミュレーション

「長期連休に、家族みんなで国内旅行に行きたい!」

「両親に家族旅行をプレゼントしたい!」

そんなときに使えるのがこのANAマイルです。

前項までに紹介したキャンペーンでマイルを獲得したら、あなたは「誰と」「どこ行き」の特典航空券に変えたいですか?

早速、一緒にシミュレーションしてみましょう!

獲得したANAマイルは特典航空券に交換がお得

マイルは現金化や他のポイントへ交換するより、運賃の高い航空券に交換するほど価値が高くなります。

そのため、国際線でビジネスクラスや長距離路線の「特典航空券」に変えるのがオススメです!

各クラスや交換先別の1マイルの価値は以下の通りです。

交換先 1マイルの価値
国際線特典航空券(ファーストクラス) 8~15円相当
国際線特典航空券(ビジネスクラス) 4~7円相当
国際線特典航空券(プレエコノミー) 3~5円相当
国際線特典航空券(エコノミー) 2~3円相当
国内線特典航空券 1.5円~3円相当
SKYコイン 1~1.7円相当

マイルの価値は時期やルートによって異なりますので、あくまでも私の体感での相場になりますが、利用するクラスや路線によって、大きく価値が変わるのは確かです。

家族で北海道や沖縄などの国内人気観光地に行こう!

飛行機を利用した場合のマイルは本人分しか貯まりませんが、マイルを特典航空券に交換する場合は、家族にも利用可能です。

※家族分の特典航空券を利用するには、家族を特典利用者に登録する必要があるのでお忘れなく!

繁忙期の航空券なんかは価格が高騰していて、中々手が出しづらいですよね。

そんなときに利用したいのがこの特典航空券です。

北海道と沖縄の特典航空券の交換に必要な1人あたりのマイル数(往復)は以下の通り。

つまり、入会キャンペーンの最大66,500マイルがあれば、閑散期だと4人分、繁忙期でも3人分の特典航空券に変えることが可能!

家族3人~4人分がタダになるってすごいことですよね。

浮いたお金で美味しいものも食べたり、お買い物したり、レジャー施設に行ったり… 考えるだけでワクワクしますよね!

北海道の夜景と北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

沖縄の海とシーサー

ぜひマイルを家族分の国内線の特典航空券に変えてみてはいかがでしょうか。

参考までに、東京発着の必要マイルチャート(国内線)です!

※片道の場合は記載の半分

国内線の特典航空券に交換する場合の注意点として、以下の点にお気を付けください。

  • 繁忙期は埋まるのも早い!なるべく早く予約すること。

→競争率が高いため、お早めに!

  • 特典航空券に交換する際、足らない分を現金で支払うということはできません。複数枚交換する場合は、別途現金で航空券を購入する必要があります。

→近い席をとるのが難しくなるので要注意。

  • 生後8日~2歳の幼児には、特典航空券を利用できません。座席が必要な場合は、別途、幼児航空券が必要です。(大人1名につき、幼児1名は座席なしで無料)

→幼児航空券の値段は明確に示されていないため、ANAに問い合わせしてみてください。

  • 3歳~11歳の小児は、大人と同じマイル数が必要となるので、マイル価値としては少し下がってしまいます。

→小児の運賃を現金(小児料金)で払う場合は、隣の席の確保等が中々難しい。

以上の注意点を踏まえた上で、国内特典航空券への交換検討してみてくださいね!

観光地として人気No.1のハワイに「ビジネスクラス」で行ける!?

みんなが一度は行ってみたい人気観光地「ハワイ」。

普段頑張っているご褒美に「ビジネスクラス」でハワイに行ってみませんか?

前項でお話ししたとおり、国際線の航空券に交換するとマイルの価値は一気に上がります。

ビジネスクラスだと1マイル=4~7円くらいの価値になるため、多くマイルを貯められる方には海外旅行をオススメします!

東京とハワイ間の必要マイル数です。

今回のキャンペーンで66,500マイル獲得すれば、レギュラーシーズンで、ビジネスクラスでハワイまで行けちゃいますね!

ちなみに、繁忙期にハワイまでビジネスクラスで搭乗しようと思うと、変動はあると思いますが、約50~60万円くらいかかると思います。

それが実質タダになるってすごい…!!

ハワイは、日本語で話しても通じる事が多く、タクシーを乗る際にチップを合わせた料金の提示ができるなど、初めての海外旅行にもオススメです。

そして、どの時間帯でも海や山の景色がキレイで、リラックスして過ごせます。

ダイヤモンドヘッド

ワイキキビーチ

マノアの滝

写真を見ただけでも癒されます。

スキューバダイビングなどの体験も多いので、時間を持て余すこともないでしょう。

他の国々への必要な交換マイル数は以下のとおり。

上記の中に、行きたい国はありましたか?

入会キャンペーンの獲得マイル数で行ける場所がほとんどですよね。

最大の66,500ポイントに到達しない方も地道に貯めていけば、ずっと憧れていた旅行先にタダで行けるかもしれません!

国際線の特典航空券に交換する場合の注意点として、以下の点にお気を付けください。

  • 繁忙期は埋まるのも早い!なるべく早く予約すること。

→特に夏休みシーズンは競争率が高いため、お早めに!

  • 特典航空券に交換する際、足らない分を現金で支払うということはできません。複数枚交換する場合は、別途現金で航空券を購入する必要があります。

→近い席をとるのが難しくなるので要注意。

  • 生後8日~2歳の幼児には、特典航空券を利用できません。座席が必要な場合は、別途、幼児航空券が必要です。(座席利用なし:大人運賃の10%、座席利用あり:大人運賃の75%)

→幼児航空券の値段は明確に示されていないため、ANAに問い合わせしてみてください。

  • 3歳~11歳の小児は、大人と同じマイル数が必要となるので、マイル価値としては少し下がってしまいます。

→小児の運賃を現金(小児運賃:大人運賃の75%)で払う場合は、隣の席の確保等が中々難しい。 特に座席に関しては、人気のクラスだと確保が中々難しいため、なるべく早く予定を決めて特典航空券に交換してくださいね!

ANAアメックスの特典とメリット

それでは、ANAアメックスを実際に発行する場合の特典やメリットを解説していきます。

アメックスカードなのに年会費が1万円以下

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の年会費は、7,000円(税別)とステータスカードとしては破格な値段となっています。

また、家族カードは最大6枚まで、1枚につき2,500円(税別)で発行できます。

もちろんアメックスカードとしてのステータス性もあり、特典も他社のゴールドカードに匹敵します。持っておいて損することはないでしょう。

ポイント還元率は1%

ANAアメックスは、基本100円利用するごとにメンバーシップ・リワードポイントが1ポイント加算されます。

この貯めたポイントは、1ポイント=1マイルで交換可能なため、ANAマイルの還元率は1.0%です。

他社カードで100円=0.5円前後の還元率が多い中、マイル還元率1.0%のANAアメックスはマイルを貯めるのに適切だと言えます。

ANAマイル移行手数料

貯めたポイントをマイルに交換するときに、手数料として年会費6,000円(税別)のマイル移行コースに加入する必要があります。

そのかわり、このマイル移行コースに加入することでポイントの有効期限が無期限となります。

このコースは3年目に登録すれば3年間払い続けるよりもお得です。

マイルに交換する予定がない方は、3年目に間に合うように登録をしましょう。

また、ANAアメックスはANAマイルへの移行上限がないので、貯めた分だけANAマイルへ移行することが可能です。

ANA航空券購入でマイル還元率2.5%、搭乗ボーナスマイル+10%付与

ANAアメックスカードでANAの航空券や機内販売などを購入すると、ポイントが1.5倍になります。

カード利用額100円につき1ポイントの通常ポイントに、利用額200円につき1ポイントのボーナスポイントが加算されるため、マイル付与率1.5%となり、さらに搭乗ボーナスマイルが区間基本マイルに+10%加算されるため、ANAグループでのマイル付与率は合計2.5%

この還元率、ANAマイラーにとっては最高です!

さすがANAの提携カードですね。

グルメマイルで最大3マイル

ANAアメックスには、「ANAグルメマイル」というものがあり、対象の高級レストランの利用することで、+αのマイルが貯まります。

ANAマイレージクラブのマイルで最大100円=2マイル付き、さらにメンバーシップ・リワードポイントの100円=1ポイントも加算され、支払い時にANAアメックスを利用することで100円=最大3マイル貯まることになります。

マイルをANA SKYコインに交換

ANA SKY コインは、ANAのウェブサイトで航空券や旅行商品の支払いに10コイン(10円分)単位で利用できる電子クーポンで、1マイル=1ANA SKY コインに交換できます。

マイルをANA SKYコインに交換するメリット

  • 10コイン単位から利用でき、足りない分は現金やクレジットカードでの支払いが可能
  • 現金購入枠のため、特典航空券より席がとりやすい
  • 燃油サーチャージの支払いに使うことも可能(特典航空券との併用は不可)
  • フライトマイル+プレミアムポイントの2重取りができる
  • ツアー商品の購入ができ、家族で利用することが可能

ANA SKYコインのデメリット

  • 現金購入と同じで、時期や曜日によって航空券の金額に差がある。
  • 有効期限が1年間と短い
  • 特典航空券に比べるとマイルの価値が低い

海外旅行保険(利用付帯)

ANAアメックスの海外旅行保険の有効期限は90日で、キャッシュレス診療は不可の利用付帯補償です。

補償内容は以下の通り。

※キャッシュレス診療は不可

年会費が安いにも関わらず家族特約付きのため、利用価値の高いカードといえます。

海外旅行保険の中で、一番利用する可能性が高いのは傷害・疾病治療で、この保険金がそれぞれ上限100万円のため、「少ないかな」と不安になる方もいるかもしれません。

そんな方は海外社会保険付きの年会費無料クレジットカードを作ることで、足りない部分を補いましょう。

国内空港ラウンジ、同伴者1名まで無料

ANAアメックスを利用するときに一番お得さを実感できるのが国内空港ラウンジの利用サービスです。

空港ラウンジサービスは一般的なゴールドカードやそれ以上のカードに匹敵する付帯サービスであり、そのようなカードを発行しようと思うと年会費1万円は超えてしまいます。

それに対してANAアメックスは、年会費7,000(税別)という破格な安さで、同伴者1名まで無料で利用できるとは・・・

空港ラウンジをカード会員以外は利用しようとすると、1回1,000円程かかります。

つまり、同伴者を合わせて2,000円分お得になるサービスです。

家族カードも利用可能なため、ANAアメックス+家族カードがあれば、家族4人で空港ラウンジサービスを受けられます。

プライオリティ・パスは利用できる?

130カ国1,200ヶ所以上のVIPラウンジを利用できる会員制のサービス「プライオリティ・パス」は、ANAアメックスの特典には含まれていません。

このサービスを受けようとすると、99~429ドルの年会費がかかります。

このサービスを利用することが目的でアメックスカードを発行したい方は、プライオリティ・パスが年2回無料で利用できるアメックスのプロパーカード、「アメックスゴールド」をオススメします。

海外旅行時の24時間無料電話サポート

ANAアメックスでは、海外旅行先で日本語の電話サポートが受けられる「グローバル・ホットライン」を利用できます。

グローバル・ホットラインでは、レストランの予約や病院の紹介を24時間無料でサポートしてくれます。

その他の付帯サービス

そのほかにも多数付帯サービスがあります!その内容は以下の通り。

  • 機内販売10%オフ…ANA国内線や国際線の機内販売が10%オフになる
  • ショップング・プロテクション…購入した商品の破損や盗難に関する補償制度(年間200万円まで)
  • エクスプレス予約…東海道新幹線、山陽新幹線のオンライン予約サービスである「エクスプレス予約」を利用でき、会員料金でオンライン予約ができる
  • 空港パーキング優待…空港周辺の駐車場をお得な会員料金で利用できる
  • 空港クロークサービス…乗り継ぎ便の待ち時間などに、対象空港内の手荷物預かり所にて、カード会員1名につき2個まで荷物を無料で預けられるサービス
  • 海外用レンタル携帯電話割引サービス…海外で携帯電話のレンタル料半額、通話料金10%OFF
  • スキップサービス…事前に手続きをしておくことで空港でのチェックインが不要になり、直接保安検査場に行けるサービス

ANAアメックスとANAアメックスゴールドを徹底比較

「ANAアメックスでマイルを貯めたいけど、一般カードとゴールドカード、どちらのカードにすればいいのかわからない」という声をよく耳にします。

そこで、実際ANAアメックスとANAアメックスゴールドにはどんな違いがあるのか。

また、どんな人にどちらのカードがオススメなのか。

2つのカードを徹底比較して解説していきます!

ANAアメックスゴールドとは?

ANAアメックスゴールドとはANAアメックスの上位カードであり、ANAマイラーに人気の高いゴールドカードです。

ANAとの提携カードであることから、ボーナスポイントや特典も多く、ANAマイルが非常に貯めやすいという特徴があります。

家族特約つき最大1億円の海外旅行保険をはじめるとする、本家アメックスゴールドカードにも負けない付帯サービスの豊富さが魅力的なクレジットカードです。

入会キャンペーンもANAアメックスより多く、年会費は高いものの、それを超えるメリットが多いですね。

ANAアメックスはコスパ重視、ANAアメックスゴールドは特典とマイル重視!

私が実際に使ってみて思う、それぞれのニーズとそれに合ったカード選択は以下にわかりやすくまとめてみました!

ずばり、ANAアメックスはコストパフォーマンス重視で国内線利用やショッピングでの利用が多い方、ANAアメックスゴールドは海外に行く頻度が高く、それに関わる補償や特典重視、そして徹底的にマイルを貯めたい方にオススメです。

では、それぞれのカードの特徴を比較して、本当にあなたに合ったカードを見つけていきましょう。

年会費の違い

この2つのカードの年会費を比較すると、一目瞭然。

ANAアメックスが圧倒的に安いです。

ANAアメックスは、アメックスカードの中でも破格の年会費のため、ANAアメックスゴールドと比べると24,000円(税別)の差があります。

ゴールドカードを発行したことのない人には、かなりハードルが高いように思えるかもしれませんが、ANAアメックスゴールドはANAアメックスに比べてマイルの還元率やフライトボーナス、特典や補償の手厚さなど、とても充実しています。

そのため、海外によく行く方などはマイルも貯まりやすいですし、海外旅行保険や特典も豊富なため、アメックスゴールドをオススメします。

マイルの有効期限と移行手数料

「いつかマイルに変えて旅行しようと思っていたのにいつの間にか失効していた」など、よく耳にします。

頑張って貯めたマイルですから、期限が切れる前にしっかり交換しましょう。

各カードのマイルの有効期限と移行手数料は以下の通り。

ANAアメックスゴールドの有効期限は、無条件で無期限です。

しかし、ANAアメックスは年会費6,000円(税別)の「ポイント移行コース」に加入する事で、マイルを無期限に貯めることが可能

ゴールドカードには最初からこのサービスが含まれているため、別途ポイント移行コースへの加入の必要がありません。

入会キャンペーンでもらえるマイル数

入会キャンペーンで獲得できるマイル数は以上の通りです。

通常のカード利用額だと1,000万円以上に相当するマイルが獲得できてしまいます。

つまりANA主催のキャンペーンは100万円以上の利用金額条件でありますが、このマイル数が手に入るということは10倍以上の価値があるということです。

これだけ獲得できれば、あっという間に年会費の元がとれてしまいますよね。

入会&継続ボーナスとフライトボーナス

ANAカードには搭乗するともらえるフライトボーナスがあり、10%違うため、海外旅行などに行かれる方はゴールドカードを持つことをオススメします。

海外旅行保険の限度額と日本語サポート

ANAアメックスゴールドは海外旅行保険が非常に手厚く、補償金額は最高1億円です。

また、ANAアメックスはレストランの提案や代行予約を主にしてくれる「グローバル・ホットライン」に対して、

ANAアメックスゴールドは病気やケガなど医療機関系のメディカルサポートサービス(病院の予約から医療費の精算)、

法律系のリーガルアシストサービスとトラブル対応のサポートをしてくれる「オーバーシーズ・アシスト」という日本語サポートサービスにも違いがあります。

ANAアメックスとANAアメックスゴールド比較まとめ

どちらがあなたに合うカードか分かりましたか?

色々説明しましたが、海外旅行に頻繁に行く訳でもなく、ただこれからマイルをちょっとずつ貯めたいなという方は、とりあえずANAアメックスに申し込みましょう!

年会費7,000(税別)なので、手も出しやすいですし、家族カードも割安です。

ただ、マイルの価値が高いため、入会キャンペーンはなるべく1つもとり忘れないように気を付けてくださいね!

最高峰ANAアメックスプレミアムカードは?

このカードのスペックや特典(一部抜粋)は以下の通り。

  • 年会費    15万円(税別)
  • 家族カード   4枚まで無料
  • ETCカード    年会費無料
  • 入会・継続ボーナス  1万マイル
  • フライトボーナス   区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×15%
  • プライオリティ・パス  プレステージ会員

年会費15万円なだけあって、サービスや特典が非常に豊富です。

ANAアメックスやゴールドにはなかった「プライオリティ・パス」までついており、さらに家族カードは最大5枚まで無料発行ができます。

さすが最高級のカードだけありますね~。

このカードをオススメするのは以下のような方。

  • ANAアメックスの最上級のステータスカードが欲しい
  • ANA便を良く利用する(特に国際便)
  • プレミアムカードを招待なしで発行したい
  • 年会費は多少高くてもいいからプレミアムなサービスを受けたい

上記に当てはまる方は、このカードを申し込みましょう!

ANAアメックスの審査基準と発行日数

アメックスは年会費が有料のステータスカードのため、審査が厳しいイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

ANAアメックス・ANAアメックスゴールドに関しては、20歳以上の安定した収入あれば、申し込み可能でしょう。

ANAアメックスプレミアムカードも同じく、20歳以上の安定した収入がある人であればとされておりますが、ブラックカードなだけあって、少し審査が厳しい可能性が高いです。

3枚とも、カード発行にかかる日数は大体2~3週間です。

ETCなど交通系ICカードを付帯すると審査日数から追加で1週間ほどかかると言われています。

ANAアメックスまとめ「本サイトの紹介:営業担当経由がお得」

いかがでしたか?

あなたに合ったカードは見つかりましたでしょうか。

また、あなたの行きたい場所や国までは、何マイル必要かわかりましたか?

目標が明確になると楽しくマイルを貯めることができます!

ぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

また、これからANAアメックスを発行する方は、2通りの方法で申込みが可能です。

・公式サイトからの申込み…最大63,500マイル

・本サイトからの紹介申込み…最大66,500マイル

ANAのような大手会社のキャンペーンは急に終わってしまうことが多いので、早めに本サイトの紹介申込み(営業担当経由)で、3,000ボーナスマイルをGETしてくださいね!

当サイトからのアメックスの知人紹介について

当サイトはマイルを貯めたい全ての方のお役に立つことを目指しており、誠実な対応、且つ健全なサイト運営を心がけております。

本サイトからの申し込みにつきましては、私の個人担当をしてくださっている営業担当をご紹介させていただきます。

下記ボタンより、お申し込みください。

最後までお読みいただきありがとうございます。